供養について

Previous
  • ご葬儀の後にある法要について皆さんご存知でしょうか?

    人は亡くなった後、49日間現世(娑婆)に滞り、お浄土に向かわれます。
    これを中陰といいます。「初七日」「四十九日」という言葉は聞かれたことがあると思います。

    その中陰の法要をする理由として、こんな言い伝えがあります。

  • 追善のすすめ

    人は亡くなると浄土に行きます。そして、49日の間7日ごとに計7回の裁判を受けます。この裁判によって次に行く世界が決まりますので、少しでも裁判結果が良くなるようにお願いすることが中陰の法要なのです。ちなみに、この旅の間食料となるのは線香の香りと言われています(香食)。49日間線香を絶やさないのはこのためなのです。

  • 死出の山

    まず、冥土の世界に行くと「死出の山」を越えなければいけません。私達が暮らす娑婆世界から八百里の彼方にあるといわれます。

  • 泰広王(しんこうおう)

    この山を越えると第1回目の裁判を受けます。(初七日)。
    裁判官は秦広王(しんこうおう で実は不動明王が変化した姿であるといわれます)。

  • 三途の川

    そして次が「三途の川」です。

    ここで亡者は衣服を脱がされ衣領樹という木にかけられます。その人の罪の重さで木の枝がしなり、枝がしなる程苦しい川の渡り方をさせられます。その段階が3通りあるので「三途の川」と呼ばれるのです。ただし時代が下ると、川渡りは渡し舟になり「渡し賃六文」で向こう岸に渡してもらえるようになります。今でも御棺に六文を印刷した紙を入れるのはその名残です。

  • 初江王(しょこうおう)

    三途の川を渡ると第2回目の裁判です(二七日)。裁判官は初江王(しょこうおう 実は釈迦如来の化身であるといわれています。)

  • 宋帝王(そうていおう)

    第3回目の裁判では宋帝王(そうていおう 実は文殊菩薩の化身 三七日)。

  • 五官王(ごかんおう)

    4回目の裁判では五官王(ごかんおう 実は普賢菩薩の化身 四七日)

  • 天秤ばかり

    ここでは大きな天秤ばかりに生前の全ての罪状の記録がかけられ、その罪状の重さで来世の行き先が判断されます。

  • 鉄丸所

    ここに至って追善供養の無い人はその後、鉄丸所という大石が無数に流れる川に放り込まれ責め苦を味わわなければなりません。

  • 閻魔王(えんまおう)

    5回目の裁判では閻魔王(えんまおう 実は地蔵菩薩の化身)が登場します。

  • 閻魔王と鏡

    浄玻璃の鏡に生前の行いを映し出し、罪業が深ければ地獄行きとなりますが、それでも追善供養を遺族が行っていれば、「遺族がこれだけお前を思っているのだぞ」と言って地獄行きを許してくれます。

  • 闇鉄所

    ここでも追善供養の無い人はその後、闇鉄所という刃物のような岩肌がせり出した細い道を体を切り刻まれながら進まなくては成りません。

  • 変成王(へんじょうおう)

    死後41日目においては変成王(へんじょうおう 弥勒菩薩の化身)が五官王と閻魔王の報告によって裁判を行われます。

  • 泰山王(たいせんおう)

    そして最後の裁判で泰山王(たいせんおう 薬師如来の化身)によって最終判決が下され、

  • 泰山王の最終判決

    六つの鳥居のある入口を選択する様に促されます。これは六道輪廻を表し、天、人、修羅、畜生、餓鬼、地獄の内、前世の行いにふさわしい世界に生まれ変わることとなります。

    その後も裁判は続きます。

  • 平等王

    百か日 平等王 観世音菩薩の化身

  • 鉄氷山

    ここに至るまで追善供養の無い人は、鉄氷山という氷の世界を歩まなければなりません。

  • 都弔王

    一周忌 都弔王 勢至菩薩の化身

  • 光明箱

    ここでは光明箱という箱を選ばされ、生前に罪業があれば箱から出た炎が亡者を襲います。

  • 五道転輪王

    三回忌 五道転輪王 阿弥陀如来の化身 ・・・・・・ など

    今となっては様々な理由で省略されがちなご供養・・・、しかし、私達のご先祖様はこの様な儀式を行う事で亡き人や先祖を偲び、命の尊さを深く心に刻んでいた事でしょう。
    法要とは故人の冥福を祈るだけでなく、生きている私達が仏縁をつなぎ仏の御教えを頂く機会を故人が与えてくださった物なのです。その意味を理解し、大切にしたいものですね。

Next